読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

本日の出来事

今日の地震で、初めて生命の危機を感じるくらいにびびりまくりました。

なんかまだびびってはいるのですが、今日のことを忘れない内に。

というか色々と動揺しているのでとりあえず今日の出来事を吐き出す。

14:45頃に地震発生。

職場が高層ビルの7階なので、揺れ方が半端なくて怖かった。

机の下で机にしがみつくような揺れの中、思わずツイッターで呟き、相方にメール。

避難訓練以外で初めてヘルメットをかぶって階段を下りて外に避難。

にわか雨も降りだすし踏んだり蹴ったり。

父からメールが来たので返信。ついで母・妹、東北に住んでいる友人にメール。

しばらくして再びビルに戻り、定時になって職場を出ました。

帰宅困難になった同期の子と共に、歩いて帰れる距離と思われる私の家を目指す。

電車は不通なので、もちろん徒歩で。

地図を常備しておけばよかったと本気で思った。

地図なんて家にくさるほどあるのに。

幸い、駅前のローソンで川崎市の地図をゲット。

国道沿いに歩けば知っている道に出れることがわかり、

二人で国道沿いを約4キロ歩きました。

ケンタッキーが普通に営業していて、店の中に行列ができていました。

四車線の道路は渋滞。タクシーで帰れないかとも思いましたが、

タクシーよりも徒歩の方が早そうでした。

バスも満員でゆらゆら運転。

歩きだして1キロくらいのところで、辺りがなんだか暗いことに気づく。

停電のようでした。外灯、信号、すべてまっくらで、

渋滞した車のテールランプで辺りが明るいという状態。

コンビニが非常灯で営業していることに気づき、初めて停電に気づく。

お巡りさんが交通整理をしていました。

真っ暗な信号が本当に不気味でした。

少し歩くと停電地帯を抜け、明るくなりました。

川崎駅近くまでは、職場を出て一時間ほどでつきました。

そこまでくれば、もう見知った道で少し安心。

多摩川を渡る橋は、品川方面から歩いてくる人でいっぱいでした。

車は下り車線も上り車線も渋滞。

新橋方面まで15キロ渋滞との表示がありました。

多摩川を越え、30分も経たずに帰宅できました。19時過ぎ。

うちのマンションは近辺は特に異常はありませんでした。

家の中も、ペン立てとMDと若干の雑貨が散らばっていただけで、

ほかは被害なしでした。本棚の中身とかぶちまけられてたらどうしようかと思った。

荷物を置いて、とりあえず近所のスーパーとコンビニに買い出しへ。

スーパーは駅前にあるのですが、

線路を超えた先の商店街は真っ暗になっていました。

自分の住んでいるマンションが停電地帯になっていなかっただけのようです。

スーパーは四階建なのですが、

1階のみ営業で、弁当類はすべて売り切れ。

パンと飲み物、乳製品、サラダ類、賞味期限が近い納豆などだけ売っていました。

とりあえず、夕飯のおかずと朝食を購入。

空いていました。でもトイレは行列ができてました。

その後、コンビニへ。

コンビニも空いていて、こちらは弁当が山積みになっていました。

ファミマは下着とかもたくさん売ってて、こういうときにありがたいんだろうなと思う。

コンビニにいたら、同期の子の携帯電話が福島県

地震情報を受信したサイレンが鳴ってびびる。

外で地震にあうのはこわいなあとそそくさと帰宅。

夕飯を作って二人で食べて、地震情報をテレビで見ながら現在に至ります。

なんかテレビ見てると、かなり自分恵まれている気がする。

徒歩二時間弱で自宅帰れたし、停電もしてないし、水もガスも使えてるし。

職場と自宅は近いに限ると本気で思った。

余震怖い。

今夜は荷物まとめてジャージでいざとなったら出られるようにして寝ます。

というか寝られるんだろうか。

同期がいてくれて本当によかった。

ちなみにですが、ソフトバンクの携帯はもはや機能しない状態。

ツイッターmixiのメールで友人や家族の安否確認ができました。

インターネット環境って偉大。

明日が普通にきますように。