読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

No.6 DVD1巻と最終話感想

アニメ

封筒のあて名書きも終え、梗概もちょちょっと修正して出力して一息。

ということで、今日はお酒も飲んだしあまり頭を働かせるにも働かないので

ブログでも。

※以下長文になるので興味と時間がない人は引き返すこと推奨。

帰宅したら、予約していたNo.6のDVDが届いてました☆

NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [DVD]NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/09/21)
梶裕貴細谷佳正

商品詳細を見る

いやぁ、カバー美しいよ!特典いっぱいでうはうはしちゃったよ!

ということであて名書きつつ特典についていたドラマCD聴いていた(2周した)のですが。

……よかった。まじよかった。きゅんきゅんした。

ネズミの声がよすぎる。

ドラマCDって正直なところ初めて聞いたんですが、まじよかった。

今回のCDは、アニメでは説明し切れてなかった前日譚。

原作読んで知っていたとはいえ、やっぱりあの声でやってくれるとまじ嬉しいっす。

今回は12歳のシーンだったわけで、成長した二人のCDも早く聴きたいっ!

本編はゆっくりできるときにゆっくり堪能したいと思います。

ということで、No.6つながりで最終回の感想でも。

毎週楽しみにしていたこのアニメもついに最終回が終わりました。

原作9巻分を全12話でやろうってんだから、そりゃある程度予想はできていたけど。

ネット上のレビュー見ると、残念だったって意見が多いようですね。

まぁ、確かに駆け足でした。原作最後の2巻分を30分枠2話分でやるにはだいぶ無理がある。

当然アニオリエンディングだろうなぁとは思っててまぁそうだったわけですが。

でも、個人的には、駆け足ではあったけど、そこまで悪くはなかったかな。

まぁ、ネズミは情緒不安定すぎだったし紫苑もぶっ壊れてたし、

紫苑死んじゃうとかエリウリアスとか色々と突っ込みどころはあったけど。

最終回までで、よかったシーンというかなんというかを一応まとめてみる↓

・ネズミの手術をしたあとベッドで戯れる二人

・連行される紫苑をネズミがかっこよく助けに来るシーン

 超繊維布すげー。

・紫苑を連れて市場を歩くネズミと娼婦のやり取り

・イブ様のステージ

・子犬と戯れる紫苑

・紫苑を守れとネズミに叫ぶイヌカシ

・お休みのxx

・人狩りまじ怖かった。

・最後のイヌカシの涙

 かわいくて生きることに貪欲なイヌカシが大好きでした。

・徐々に強いイメージから崩れていくネズミ

 最後は何もかも紫苑も失って抜けがらみたいになって、

 でもだからこそ最後のあの笑顔なのかもしれない。

・逆に、段々とネズミと立場が逆転してくる紫苑

 壊れすぎて怖いくらいだった紫苑兄さん。

 でも最後の最後でかわいい泣き方してて紫苑は紫苑だなぁみたいなシーンがあったのはよかった。

このアニメって、多分No.6どうこうのぐちゃぐちゃした話ではなく、

紫苑とネズミの関係が構築されていく過程がメインだったんじゃなかろうかと個人的には思っていたり。

 #今思い出しても7話は神回だった……ってのはまぁ置いておいて。

という見方をするのであれば、前半はとても丁寧に描かれていてすごくよかった。

毎週きゅんきゅんさせてくれてありがとうと言いたい(爆)

にしても、DVDは毎回ドラマCDがつくのかなぁ。

ぜひアニメで描ききれなかった部分を補完していただきたい!!!

最終話の後日譚とか強く希望。

ということで2巻も予約したいと思います。

にしても、今月はやたらめったらDVD届いたなぁ……

これで4本目か……