読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

KDP始めて半年経ったよ 5 ~無料キャンペーンについて

個人出版Chips

KDP始めて半年経ったというかもうすぐ7ヶ月になってしまいそうですが。

この半年、無料キャンペーンを色々やってみたので、今回はそのまとめ。

KDP始めて半年経ったシリーズもこれで終了かなー。

●無料キャンペーンの実施タイミング

・基本的には、販売したその週のうちに実施。

 ただし、最近は動作テストとかプロモーションを考えて、

 発売開始してから一週間半後くらいに実施することも。

・最初は色んな曜日でやったけど、やっぱり土日を含めた方がDL数は伸びやすい気がする。

 (とはいえ、その分ランキングは伸びにくいので一長一短か)

・基本的には実施日数は2~3日。

 「大きな樹の下で」と上下巻わけてる本の上巻だけは5日間実施した。

・上下巻分けしている作品は、上巻のみ、上下巻両方の2回、2週連続で実施。

今後の事を考えると、販売開始して有料販売の売れ行きが悪くないならいっそやらない、

という選択肢も今後は考えてもいいかもしれない。

売れ行きが悪くない、ということがあればだけど。

●これまででDL数がよく伸びた無料キャンペーン

風立ちぬ杯実施時の無料キャンペーン

 これは基本的にケタ違いだった。

・5月、8月に実施した「戦う僕らのRGB

 特に8月の「RGB(SS)」は続編ながら700近くいった。

・5月に実施した「Running under the Moon!!」

 これはRGB販売直後だったこともあり実は結構伸びた。

・あとの無料キャンペーン(新刊)はみんな500ちょっとくらい。

基本的に、連休とか夏休みとかは伸びやすい気がする。

●失敗したなぁと思った無料キャンペーン

・7月頭にひっそりやった「そして、世界は静寂を迎える」

 Twitterのみで宣伝。三桁いかなかった。まぁ6月に出したばかりだったけど。

・8月中旬にやった「Running under the Moon ――Part1」

 DL数でいうと悪くないけど、その後のPart2の有料版が

 伸びたかというとそんなことはなかった。

 むしろPart1が伸びてそれと合わせてPart2を買ってくださった方が多かった気がする。

 上下巻分けたものをバラでキャンペーンしてもそこまで効果ない(気がした)。

ちなみに私が失敗したわけじゃないけど、「よもやまクラブと最後の番人(下)」が

無料キャンペーン中にランキング表示されなかった件。

これはやっぱり結構痛手だった気がする。

ランキングの履歴に一切残らないからアフィリエイトサイトにも取り上げられないし。

上巻があったからまだよかったものの、単体1冊の作品だったらほんとに悲惨。

ちなみにカスタマーセンターから無料キャンペーンが終わってから一週間半後くらいに

返信があって、今度同じ事象があったらスクリーンショットと共に

ここに送ってくれっていうメアドを連絡いただいた。

何事も経験だなぁなんて思った。

●今後無料キャンペーンをやる予定がない作品

今のところ毎月出せているので、

過去作品を無料にするメリットがあまりありません。

ということで、以下作品については今後無料キャンペーン(多分)やりません。


Running under the Moon!! ――Part1Running under the Moon!! ――Part1
(2013/05/07)
晴海まどか

商品詳細を見る


Running under the Moon!! ――Part2Running under the Moon!! ――Part2
(2013/05/14)
晴海まどか

商品詳細を見る


新宿シェパード新宿シェパード
(2013/03/09)
晴海まどか

商品詳細を見る


戦う僕らのRGB (SS)―after the Festival―戦う僕らのRGB (SS)―after the Festival―
(2013/08/01)
晴海まどか

商品詳細を見る


そして、世界は静寂を迎えるそして、世界は静寂を迎える
(2013/06/03)
晴海まどか

商品詳細を見る


わーくしょっぷ [アンソロジー短編集]わーくしょっぷ [アンソロジー短編集]
(2013/07/01)
晴海まどか、楢野葉 他

商品詳細を見る

並べてみたら意外と半分以上だった。

ただし、Runningについては、何かのはずみで続編書くよ!

とかになったら無料にするかも。まぁ目下その予定はないですが。


無料キャンペーンについては肯定派と否定派がいそうだけど、

作品出したよってアピールにはなるし、

認知してもらうためには発売時にはやってもいい気がする。

やりすぎるといつか無料になりそうだと買い控えられそうな

気がしないでもないし、有料で買ってくださったお客さんのためにも、

よくないかもしれんが。

そこはノウハウもそんなにないし手さぐりかなぁ。

PS.

9月の売上冊数は8月の2/3くらいでした。200冊弱。

夏休み効果は偉大だった。