読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

「ライトなラノベコンテスト」で特別賞をいただきました #ララノコン

ライブドアブログ×impress QuickBooks主催の

ライトなラノベコンテスト」にて、

特別賞をいただきましたっ!!!!

ララノコン

実は先週内定の連絡をいただいていたのですが、

メールを見て30分ほど放心し、その後三日くらいふわふわしてしまいました。

そしてこの数日は緊張だかなんだかのあまり胃痛に!意外とセンシティブ!

何はともあれ、ある程度長さのある作品で賞をいただいたのは、

今回がほんとにほんとの初めてです!

KDPを始めてちょうど1周年のこの3月に、

電子書籍出版していただける賞をいただき、

その上、藤井太洋さんに監修いただけるなんて、

これも何かのご縁じゃなかろうかと勝手に考える。

ララノコン関係者の皆さま、特別審査員の藤井太洋さま、

ほんっとうにありがとうございましたっ!!!


ちょっと大学時代の話します。

自分は地理学専攻だったのですが、3年生の就活が始まる少し前、

結構本気で院に進むか普通に就職するか悩んでいました。

自分は地形学が好きで、特に海底・海岸などの海周りの地形が

ものっすごく好きだったんですね

ペンネームの「晴海」もその辺を含んでいます)。

なので、このまま研究者もありかなと。

ただ、中学時代から書いていた小説を書きたいって気持ちもあって。

性格的に研究やりながら小説はムリ!と思っていたので、迷ったわけです。

その頃はほかのことに忙しくあまり小説を書けていなかったのですが、

試しに書いてみて考えようと決めて、結局就職して書き続けることにしました。

そんな大学卒業時に、ゼミの担当だった教授に、

「作家になりたいなら書き続けるしかないね」

と言われたのですよ。


と、何が言いたいのかというとです。

書き続けてきて本当によかった!

今回賞をいただいた「明日が雨でも晴れでも」は、

実はちょっと前に書いたものをララノコン用に改稿したものです。

当時の記録を見たら、脱稿までに4日、推敲に丸2ヶ月半かけてて、

「推敲が終わらな過ぎてしんどかった」との記録がw

がんばって書いたんだなぁと感慨深いのと同時に、

続けていたからこそ、改稿して出してみようと思えたわけで。

公募歴はもっと浅いですが、執筆歴はかれこれ18年。よく続けてるなぁ。

でもって、書き続けられたのは、

応援・アドバイスしてくださる方々が周囲にいるからこそだなと。

常々人の出会いには恵まれてきたなぁと思います。

本当に本当に感謝です。

ちなみに現在は、藤井太洋さんにいただいた

きめ細かな監修結果を基に、絶賛原稿の改稿作業中です。

改めて読み直すと自分的にも修正したい箇所が多々……。

いいものにブラッシュアップできるようにがんばります!

発売は5月上旬らしいですよ!

……とまぁ、なんかまとめっぽいこと書きましたが。

今回の受賞を糧に、今後も書き続けられるように精進します。

というわけで、引き続き応援いただけたら嬉しいです。

来週あたりにずっと準備してたKDPの新刊出します。


PS.

BCCKSにて、今まで出した作品の目録(無料)を公開しました。

会員登録不要でWeb上で閲覧可&ePubファイルのDLもできます。

よかったら持っていってください。

逐次更新していく予定です)