読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

映画「ベイマックス」 感想

ディズニー映画「ベイマックス」観ました。

Kindleストアでエピソード0が無料になってたので

はっておきます。

(※以降、若干ネタバレ含むので注意)

主人公は14歳の天才少年ヒロ。

亡き兄が残してくれたケアロボット、ベイマックスと一緒に

兄の死の真相を探っていくお話、でいいのかな?

舞台がサンフランソウキョウという日本がモデルの架空都市で、

若干チャイナテイストだったり人の動きはなんだかアメリカテイストで

世界観が面白かったです。

まぁディズニーのお話は基本泣けますよね。

兄貴が死んでしまったところと、ベイマックスがぁぁぁぁ!という

場面で泣いてしまいました。

家で観てたら多分号泣ですね。基本的に子ども向けアニメでの涙腺緩いです。

よかったなと思うのが、ベイマックスが人間臭くない部分でしょうか。

同じピクサーでも、「ウォーリー」とかは結構人間臭かった記憶。

ベイマックスは徹底してロボットで、そこら辺がよかったです。

前半なんかは本当にギャグっぽくて面白かったんですが、

ほんとに融通が利かないロボットなんですよね。感情らしいものも見えません。

なのにヒロとベイマックスの絆みたいなものが確かにあるのが面白いなぁと思いました。

ちなみに映画観てると物語のターニング・ポイントはどこだろうとか、

構成的な部分を分析しながらついつい観てしまうのは

もうしょうがないですね。

ちなみに結局火事の原因は事故ってことでよいのかな。

そこだけがちょっとよくわからんかった。

何はともあれアクションやド迫力の映像もありで楽しめました。

冬休みに家族でどうぞ。