読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

劇場版「サイコパス」感想

昨日ふと思い立って、

劇場版「サイコパス」観に行ってきましたー。

というわけで感想でも。

(※以降ネタバレあり)

・とにかく映像キレイだった。

 TV放送の方、シーズン1、2と観てたんですが、

 2の最後とか作画が結構あれだった気がしてたんですよねー。

 ということもあり、映像がキレイでよかったです。

宜野座さんがイケメンだった。

 シーズン1ではダメメガネだった気がするのに、

 シーズン2、劇場版と重ねるにつれイケメンキャラに変わっていた。

 意外とイケメンキャラが多いので女性ターゲットなのかサイコパス

 宜野座さんは今回もおいしいところを持って行った感。

 最後の台詞はクサかったけどな!

・狡噛さんとの再会は思いのほか早かった。

 よいなーと思ったのが、それまで凛としていた朱が、

 狡噛と行動を共にし始めた辺りからシーズン1の新人の顔に

 戻っていたことですね。

 その辺は宜野座さんにも見せない表情でほぉぉ、と思いつつ。

 それにしても、狡噛さんがカリスマ的に信奉されてるっていうのが

 よくわからんかったな。頼れる兄貴的な扱いならわかるのでそういうことなのかな。

・ニコラス大佐の長髪が気になってしょうがなかった。

 軍人だったら平安女性のようなあのロン毛はないんじゃないか、

 などと内心突っ込んだのはともかく。さらさらで風に吹かれまくってた。

・戦闘シーン多かった。

 銃の撃ち合いもあったけど、意外と肉弾戦が多かった。

 狡噛さん昔よりムキムキになってた感。

・大画面でもグロかった。

 むしろTVよりグロいんじゃないかというシーンも。腸とか散ってたし。

 さすがR15。

・劇場版だろうがなんだろうがシビュラはシビュラだった。

 オチはある程度予想できた感がしないでもない。

 シビュラとの対峙じゃないラストが見たいなー。

・エンディングがEGOISTの「名前のない怪物」でよかった。

 この曲好きなんですよー!シーズン1のエンディング。

 いやー、劇場でこの曲聴けたのがよかった。

・劇場版パンフレット買おうと思ったら売り切れてた。

 なかなか人気なようで。

これもう続きは作ったりしないのかな。

世界観的にはまだまだ続き作れそうだけど。

そういや、劇場版のサイト見てたら、

「インテリで紙の本を好んで読む」というキャラがいました。

サイコパスの世界って確か今から100年後くらいの世界なので、

紙の本は絶滅してないんだなーなんてことを思いました。