読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

映画「名探偵コナン 業火の向日葵」観てきた(3回目)

というわけでコナン映画3回目観てきました。

何回観れば気が済むんだよという感じですが、

一応映画館ではこれが見納めのつもりです。

ちなみにいつもだったらコナン映画一回しか劇場で観ませんよ!

今回はキッド回だからですです。

1回目の感想

2回目の感想

(※以降、ネタバレあり)

まぁ3回目ですからね。もう展開も把握し尽くし、

細かい部分に注目してみようと最初から思ってたんですが。

3回目にして、とある伏線に気がつきました。

いや-、びっくりしたよ。こんだけ観てようやく気づくとは自分温いな。

今回のコナン映画、実はわりと冒頭の方にある飛行機のシーンで、

犯人を示唆するアイテムが出てくるんですね。

飛行機で、宮代さんが持っているパソコンのカバーにある柄。

のちのち後藤さんが中のデータをコピーするパソコンだとこの柄で判明するんですね。

しかも!このカバーの柄、「Vincent」って書いてあるんですが、

その後ろにはひまわりの絵のシールが。

これの枚数、確認できなかったんですよね。5枚だとしたらもうそれだけで

宮代さんが犯人だということを示唆してるじゃないですか。

本編ではまったくその点には触れられてなくて、

このアイテム使いは非常ににくいなと思いました。

小道具を使うというのはこういうことを言うのかと。

DVDが出たらここは要再チェックですな……。

あとはまぁ3回目ではありますが、

改めてチャーリー警部いいヤツだなと思いました。頭も切れるし正義感は強い。

またどこかの映画とかで出てこないだろうか。

というわけで3回堪能しました。DVDの発売が楽しみです。

ちなみに前回のキッド回、「天空の難破船」のときはキッド仕様の素敵DVDでした。

今回も期待大。

あと見終わったあと、なぜか劇場版15弾の「沈黙の15分」観たくなりました。

コナン映画、DVDは基本的にはキッドが出てくる物しか買ってないんですが、

この「沈黙の15分」は自分的にツボったので買ったんですよね。

多分、ラストの山がコナンが一人で脱出する系で今作と一緒だからだと思います。

観よう。