読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

久しぶりにKWLの話

あんまり話題に上らなくなってしまって

寂しささえ覚えていたKWLこと楽天Koboの個人出版サービスです。

今日メールが来ました。

楽天Koboライティングライフ」のロイヤリティは

累積金額1万円に満たない場合、年に1度お振込みをいたします。

その時期が、近づいてまいりました。

だそうです。1万円満たなくてももらえるのは嬉しい。

金額的にはランチ1回分くらいですが。

数冊だけ売れたけど振込金額に満たなくてお金もらえてないサービス、

実はいくつかあるんですよね……(もう使ってもないけど)。

ちなみに楽天Koboでもなんだかんだで27冊だしてます。

楽天Kobo:晴海まどか検索結果

 ※このページだと41冊になってますが、群雛が含まれてるため。

impress QuickBooksの本が5冊、

BCCKS経由で出している本が9冊なので、

KWLで出している本は13冊です。

200円以上の本は実はBCCKS経由で出してます。

そっちの方がロイヤリティが実はいいのと、

お金の振り込みはまとめたいのが主な理由です。

というわけで、KWLでは100円の本と無料本が主です。

常時無料の本は、現在無料キャンペーン中の「5―ファイブ―」を除くと

5冊です。

 ↑9/15までの期間限定での無料です。

有料本はまぁ前述のとおりですが、無料本はKindleの無料キャンペーンの

勢いとは比較にならないものの、

なんだかんだで毎日1冊以上のペースではDLされてる感じです。

一番出てるのが「エス・エス・エス」の試し読み版。

これでBCCKS経由で出してる250円の方も売れたらいいんですけどね。

なかなかそういうわけにはいかない。

ちなみに、わーくしょっぷシリーズの1巻は、楽天Koboでは常時無料です。

さて、カナダではこんなサービスが始まった模様。

加Kobo、個人作家向け電子書籍出版サービス「Kobo Writing Life」で作家支援サービスを紹介へ

日本のKWLはどうなるのかなー。

そして密かに覚えてるんですが、ヨドバシの電書サイトで

個人出版って話もあった気がするんですが、

あれもどうなったのかなー。