読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

予告1:群雛連載作『ギソウクラブ』、電書レーベル「あの出版」から出ます!11/13発売!

お知らせ ギソウクラブ

今日SNS上で告知しましたが、ブログの方でも宣伝します!

『月刊群雛』で連載していた小説『ギソウクラブ』ですが、
このたび電書レーベル「あの出版」から1冊になって11/13(金)に発売されます!

★あの出版 書籍ページ

thepublishers.jp

★ランディングページ

gisoclub.tumblr.com

★YONDEMIL試し読み

viewer.yondemill.jp

 

そんなわけで、本日は基本情報をば。

■『月刊群雛』連載作が電書レーベルから出ます!

NPO法人日本独立作家同盟刊行のインディーズ雑誌『月刊群雛』の、
2015年03~08月号で連載していた小説『ギソウクラブ』が、
1冊になって装い新たに電書レーベル「あの出版」から発売されます。

個人的にあの出版担当者さまと名刺交換をする機会がありまして、
お話ししたときに「群雛っていうところで連載してる作品があって~」と
紹介させていただいたのがきっかけです。

連載全5回分+あとがきを1冊にまとめていただいています。

■ストーリーは高校生の青春群像劇!

詳しいお話とかあらすじの紹介は明日しようと思ってますが、
ざっくり説明すると千葉を舞台とした高校生の青春群像劇です。
とりあえずポイントは千葉です!千葉市です!千葉市小説です!
そして高校生ものというわけで、表紙イラストは作品の雰囲気に合った夕方の校舎。

ジャンルとしては「ヤング・アダルト」とか「純文学」に近いものです。
(と自分では思ってる)
「石神くん」とか「よもクラ」とは別傾向の作品になります。

■配信ストアは国内30以上!BCCKSにも!

あの出版さんの作品は学研パブリッシング経由で国内30以上のストアに配信されます。
なので、Kindleストアなどでは出版社名に「ブックビヨンド」が入るようです。
もちろんブックビヨンドにも配信されます。

また、あの出版さんの配信の特徴(だと勝手に思ってる)なんですが、
『月刊群雛』でおなじみのBCCKSにも配信されます!

あの出版 - Powered by BCCKS / ブックス

■販売価格は380円(税抜き)!

分量と綺麗な表紙・挿絵イラスト加味のお値段となっています。
群雛文庫2冊分より少しお安めといった感じです。

■発売日は11/13(金)!

大事なことなのでくり返します、発売日はあさって11/13(金)、11/13(金)です。
今回は予約販売はなしで、11/13(金)からいきなり発売開始です!
「ぶっつけ本番!」という単語が脳裏をかすめましたがなんでもないです。
13日になったら販売画面が登場するようです。ドキドキ。
ちなみに13日の金曜日ですね!ジェイソンに負けないようにがんばります!

--------------

 

という感じで概要紹介してみました。
昨年12月の石神くん以来の商業レーベルからの配信です。
どうぞよろしくお願いします!

f:id:harumima:20151110220608j:plain