読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

少女漫画的あるあるシチュエーションを考えてみた

最近頭が少女漫画モードになってて仕方がないので、
前から書こうと思ってたネタを。

最近少女漫画がアニメや映画になって盛り上がっているので
話題になることも多いのですが、あれです、壁ドンとかについてまとめたいのです。

何かとネタにされがちの壁ドンやら何やらですが、
それでもこれだけたくさんの少女漫画で出てくるってことは、
やっぱりそこには需要があるし胸キュン要素が詰っているわけですよ。

まだまだ少女漫画初心者ですが、作品紹介もしつつ。

 

◆壁ドン

まずは代表格の壁ドンです。
一定量少女漫画を読んでいると、面白いくらいに出てきます。

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)

 
ラストゲーム 7 (花とゆめCOMICS)

ラストゲーム 7 (花とゆめCOMICS)

 

中でもこの作品↓はすごいです。主人公とヒーローの心の壁をテーマにし、
よくもまぁ毎話毎話こんなにヴァリエーション豊かな壁ドンが!という壁ドン祭り。

私たちには壁がある。(1) (KC デザート)

私たちには壁がある。(1) (KC デザート)

 

以前、Eテレの某番組で壁ドンの解説をしていたのですが、
壁ドンというのは相手の退路をなくすだけでなく、
心理的にも相手の視界を遮る効果があるとか言っていたような気がします。
壁に囲われた空間には彼女と彼しかいなくなるわけです。
「俺以外見るなよ」的なあれですね!

ちなみに「壁ドンって実際どうよ」という話を大人女子の間で最近したのですが、
「やられたら勘違いしてんじゃねーよって思う」という意見をいただきました。

あと、彼氏持ち・既婚者の友人たちに壁ドンの話題をしてみたら、
「彼氏 or 旦那にやらせてみた」という声が多数ありました。
彼女にやってと言われたらみんなやってくれるのですね。偉いな。

◆床ドン

壁ドンブームの直後に見かけるようになったこの単語。
ぱっと思い浮かぶ少女漫画……あった。

アオハライド 6 (マーガレットコミックス)

アオハライド 6 (マーガレットコミックス)

 

またしても「アオハライド」。河原のシーンですね。

一線越えるような大人女子向けの漫画なら多数あるのですがですが。
思い浮かぶのあったら教えてください。

◆顎クイ

あれです、顎をクイっと掴まれるあれです。この漫画にありました。

ヒーローにSっ気がないとあんまり成立しない気がします。
勝手なイメージですが、TLとかハーレクインに多そう。強引なS王子が必要。

◆おでこにキス

少女漫画で意外とあるんじゃないかと思ったおでこキス。
最近読んだこちらの作品にありました。

大人女子には懐かしい、昔りぼんで連載していた「グッドモーニング・コール」の
続編漫画です。まじ面白いです。あの頃のりぼんっ子に全力でオススメしたい。
これの最新刊に、上原くんのおでこキスがあってうひゃーと思ったのでした。
なんかピュアな感じがしてとっても悪くないです!

そしてそういえば、自分も以下収録の作品でおでこキス書いてたりしました。

はーべすと [アンソロジー短編集] わーくしょっぷ

はーべすと [アンソロジー短編集] わーくしょっぷ

 

女子的には結構いいんじゃないかと思うおでこキスなのですが、
現実にはあんまりなさそうな気がするんですがどうでしょうか。

ちなみに、うちの旦那に「おでこにキスってしたいと思う?」と聞いてみたところ、
「おでこってベタベタしてそうじゃん」と冷静な返しがありました。
あぶらとり紙、そういえば学生時代におでこに貼ってたりしたな!

◆うっかりキス

うっかり偶然振り向いた先にあるのは唇だった、的なあれです、ハプニングキス。
そんなことあるかぁぁっというツッコミは置いておいて、
そこから相手を意識し始めるような展開にも使えるので意外と便利なのかも。

私がモテてどうすんだ(7) (別冊フレンドコミックス)
 

主人公(腐女子)を中心とした逆ハーレムもの。
そういえばこの作品も色々と少女漫画あるあるが詰ってますな。壁ドンとかもある。

ラストゲーム 5 (花とゆめCOMICS)

ラストゲーム 5 (花とゆめCOMICS)

 

 さっきも出てきましたが「ラストゲーム」。ただしキスされた方は気にしてない。

そしてここでも「アオハライド」。文化祭のライブのシーン。
「アオハライド」ってそういうポイント本当に押さえてるんだなと思う。

◆いきなりキス

最後はこれ。なんの前触れもなくいきなり強引にというヤツです。
思い浮かんだのはこの辺。

オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)

オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)

 

オオカミ少女と黒王子」の佐田くんはマジ神レベルのイケメンなので許されますが、
はっきり言ってイケメンじゃなかったら許されないレベルのものも
多数あるのではないでしょうか!

ちなみにこれも大人女子会議で諮ったところ「ありえない」でした。
まぁ合意してなかったらそうだよな。あとやっぱりイケメンに限るだよ。
「いきなりとか勢いつきすぎて歯がぶつかりそう」というのは私の意見です。

***

というわけでまとめてみました。
基本的には二次元のイケメンだから許されるし萌えるわけですね。
ちなみにですが、上記に挙げた少女漫画あるある、

リアルで体験したことは一度もありません!

少女漫画ファンタジーで楽しいなぁと思うここ最近です。

 

------------

最新刊『ギソウクラブ』発売中です。
それっぽいイケメンが出てきてそれっぽい展開も多少ありますが壁ドンはないです。

ギソウクラブ

ギソウクラブ