読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

言葉の枠

今日のブログをすっかり書き忘れてました。
ちょっと疲れ気味なので簡単に。
同じ単語で同じ状況を表わしてるのに、
意味が随分ちがうなーと思ったこととか。

 

一時期英語の本を読むのにはまってて、
Big Fat Cat」シリーズという本を読んでました。

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)

Big Fat Cat and The Mustard Pie (BFC BOOKS)

 

その解説の中で、例えば「Apple」という単語一つとっても、
日本語の「林檎」と単純にイコールにはならなくて、
言葉の持ってるニュアンスとか、枠が違うんだよというのがありました。

「ギソウクラブ」の2話は関西弁なのですが、

ギソウクラブ

ギソウクラブ

 

群雛連載時に赤を入れてもらったときに、同じ日本語でも、
標準語と関西弁では微妙に意味するところが違ってたりして、
やっぱり枠が違うんだなと思いました。

で、今日は仕事とかまぁ色々予定あったんですが、
同じ標準語で同じ言葉と動作を示していても、
環境が違うとなんかニュアンスとか違うんだなーと思ったりしたのでした。
当たり前の話なんですけども、
なんか今日はちょっと寂しいなと思いました。

小説書いてて、この言葉はこの意味だって思って使ってるわけですが、
なんかなんでもかんでもそうは言い切れないよなっていう
当たり前のことを考えました。
曖昧な話になりましたが以上です。

11月も終わりですね。