読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

「月刊群雛」2016年02月号発売開始 ~連載最終回載ってるよ

最新号出ました。今時点でBCCKSKoboで発売中みたいです。

www.gunsu.jp

今回から新レギュレーション適用というわけでバタバタしてたりもしましたが、
無事に出てよかったです。

 

というわけで、タイトルにもあるとおり、連載最終回掲載です。
「一小路真実は興味がない~引きこもり図書委員とラブレター~」です。
2015年12月号から3号連続掲載で連載終了という感じです。
恋愛脳フルスロットルで書いた最終回なので何卒何卒。
少女漫画に慣れてる方向きとだけは断っておきます。

そういえば、作中で同じスマホに何度も電話をかけるというシーンがあったのですが、
あまり連続して同じ番号にかけるとイタ電防止のための発信制限がかかる、
という指摘を校正でもらったので、我が家で実証実験を行って、
アウトにならなかった回数以内の記述に修正したりしましたw
すぐにどこの話かわかると思いますので読んでみてください。

あと新レギュレーション適用に伴い、
今月号からインタビュー記事がフリーフォーマットになりました。
別に過去の形式を踏襲してもよいのですが、私はやめてあとがき風にしました。
スペースも余裕があったので、群雛文庫の文字なし版の表紙イラストも
入れてもらったりしました。今月号の表紙は群雛文庫の表紙と同じく神谷さんです。

一小路真実は興味がない ?白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件? (群雛文庫)

一小路真実は興味がない ?白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件? (群雛文庫)

 

 

また、今月のゲストは個人出発からスタートして専業作家になられた藤井太洋さん。
「明日が雨でも晴れでも」の監修でお世話になったこともあり、
姿勢を正して校正もさせていただきました。
出版不況と言われてはいるけどいい時代になっている、というお話や、
アメリカでのお話など、色々興味深くてなるほどなーと最後まで読めました。
作家の資産は読者だ、という締めの言葉は本当にそのとおりですね。
一人でも多くの人に本を届けられたら素晴らしいことだと思います。
出版周りで希望の持てる内容だと思うので是非。

明日が雨でも晴れでも (impress QuickBooks)

明日が雨でも晴れでも (impress QuickBooks)

 

 

あ、そういえば、私は創刊号、別冊群雛1周年記念号、でもって今回の2周年号、
地味にトップバッターの掲載枠狙って原稿送ってたのでした。
まぁさしたる意味はないですけどね。気持ちの問題的に。
そんなわけで、今月号で丸二周年の「月刊群雛」でした。

f:id:harumima:20160202213910j:plain