読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

映画「オデッセイ」を観たよ ~目標立てて計画立てて~

映画

昨日は水曜日レディースデイ、映画「オデッセイ」を観ました。

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

 

 火星鉄腕DASHという前評判を聞いていましたがなるほどです。

(以降、ちょっとだけネタバレあり)

 

 

 

 

 

 

火星に一人で取り残された男が科学と知恵に助けられながらいかに生き延びるか、
という話なわけですが。

なんですかね。見終わってまず思ったこと。
目標を決めて、その実現に必要な計画を綿密に立てて着実に実行するの超大事
ある種当たり前なんだけど、でもそうだよなぁ、そこだよなぁ、
なんて考えさせられたのでした。

やりたいこととかそういうもろもろはあるけど、
こういう風に着実に計画立てて試行錯誤しながらこなしていけば、
目標達成は最短ルートでできるのかもしれませんね。

窮地に陥ってパニックになるでも悲嘆にくれるでもなく、
冷静に現状確認して、解決策を考えて計画を立てていくサマが非常に印象的でした。
主人公が火星で感情的になったシーンって1回だけじゃないですかね。
あとはひたすら冷静で現実的。宇宙飛行士はそういう訓練受けてるんでしょうけども。
結構どうしようもない状況がずっと続くのに、あんまり悲壮感を受けないのは
それゆえなんでしょうね。

あとは映像すごい、事件起きまくりで観客を飽きさせない構成になってるんだな、
ラストはなるほどこれならすっきり、みたいに映画の構成を観察してしまいました。
シナリオを少し勉強したので、そういう意味では映画を見る目が少し変わったのかも。

今もそれなりに計画的に色々やってますが、
なんか作業スケジュールとか目標設定とか、
そういうのをもっとちゃんと立ててみたくなるような映画でした。
(って、みんなこういう見方するのかな……)
あとはジャガイモ超偉大。総じて面白かったです。

 

そういえば、実はアニメじゃない映画を観るのが1年半かそれ以上ぶりくらいでした。
このところ、ホントにアニメ映画しか観てなかったのです。
コナンとかドラえもんとかコナンとかドラえもんとか……。
なので、声優はほどほどに詳しいけど俳優はまったく詳しくなかったりします。
一緒に観に行った舟崎さんに「マット・デイモン知らないの?」って驚かれました。
結構ガチで名前聞いたことあるなくらいでした。すんません……。