読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

字/時間

最近、自分の執筆スピードみたいなものを測ることに興味があります。
今日測ってみた結果。

ちなみにファミレスに三時間半籠もってました。
ツイートで三時間と言ってるのは、フレンチトーストを食べたりしてるからです。

 

校正とかライティングの仕事だったら、絶対に時間計るんですよ。
お金の発生の仕方にもよりますが、
X000円だったらもろもろ含めてX時間でどうにかしようとか、
ページ単価いくらだったら時給X000円になるように調整しようとか。

なんですが、小説の方は基本的に時給を考えたところで意味がないので、
これまであんまりどれくらい時間がかかるとか細かく考えてなかったのですね。

で、まぁ時間を計って時給を計算しようという気は毛頭ないのですが、
ここ最近やることが多くて、自分の執筆スピードを加味した上で
作業進めないと色々あかんのではないか、なんて思い始めてきたのでした。
(ちなみに、この「執筆」に「プロット作成」「推敲」は含まれてません)

ちなみに呟いたとおりで、今日の結果は時速2500字でした。
ファミレスに籠もって黙々とやっててのスピードなんで、
わりと最速に近いと思います。ちょっと集中力が切れてたら時速2000字くらいかな。

で、今書いてるのは完成が六万字くらいの予定なので、
仮に時速2000字だとすると、トータルで30時間の計算になります。
あらためて時間計算したら、「えっ」ってなりました。

ちなみにですが、これ、日数ベースだと多分4~6日で完成の目算なんですよ。
いつも大体、9万字くらいの長編が9~12日くらいで書き上がります。
なのでそんなに時間かかってるつもりがなかったのでビックリしたのでした。

と考えてると、書くの速い速いと自分で思ってたけど、
単に執筆モードに入ってるとき、一日の執筆にかける時間が長いだけなのかも
という気がしてきました。
一度執筆スイッチモードに入ると、基本的にほかのことあんまり手に着かなくなって、
大体家の中荒れるんですね。
仕事とかあるときはちゃんとしますけど、それ以外の時間、食事とか風呂とか
そういう時間除くとずっと書いてるような気がしないでもないです。
あと睡眠時間が短くなります。続きが気になって目が覚めます。
基本的に寝起きが悪い人なのですが、それでも目が覚めます。

そんなわけで、執筆モードに入ると色々ひどいのですが、
でも長編書くのっていつもは1ヶ月に1作か2ヶ月に1作であとは推敲時間の方が長い
ので、そこまで生活がひどいことにはなかなかならないのです。

が、今月は1年半ぶりくらいに1ヶ月に長編2作書こうとしてたりしてるので、
3月になった頃、家がどれだけひどいことになってるか見物だなぁと
自分でも思ってます(他人事)。

そんなわけでがんばって書いてます。
という記事を書いてたらもう1300文字越えてますね……。