読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

小説のシリーズもの

今日読み終わったのはこちら。

ときどき読んでる壁井ユカコさんの、女子中学生が主人公の連作短編集。
さくさく読めてとっても楽しかったです。
久しぶりにかるーいノリの作品を読んだ気がします。

 

二日前に「ルミッキ」の1巻を読み終わったので、
2巻を読む前にと、間に別作品を挟んだのでした。

ルミッキ1 血のように赤く

ルミッキ1 血のように赤く

 

小説って、シリーズものを読んでるときはなんとなく続けて読みたくないのですよね。
必ず間に1~2冊は別作品挟んでから次巻に行きたい感じ。
5巻まで到達した「魔女の宅急便」もそんな感じでちまちま読み進めてます。

それにしても、小説のシリーズものって手を出しにくいイメージが強いんですよね。
小説は基本的に1冊で完結するか、
シリーズものでも1冊ずつちゃんと完結してる作品がやはり好ましいです。
マンガみたいに一気に何冊も読めませんからね。

去年、「ダレン・シャン」シリーズ12巻を読破したおかげで、
若干シリーズものに対するハードルが低くなったような気もしますけど。
3巻くらいなら気軽に手を出せますが、それ以上になるとちょっと勇気がいります。

などとごちゃごちゃ書きはしましたが、シリーズで読んでる小説もいくつかあります。
魔女の宅急便」以外だと、最近読んだのはこの辺ですかね。

「RDGレッドデータガール」シリーズ。全6巻読破済み。最後超よかった。

 「ハルチカシリーズ」。既刊分は読破済み。毎巻とっても面白い。

  「武士道」シリーズ。全4巻で完結済み。主人公たちの成長がわかるシリーズ。

武士道シックスティーン: 1

武士道シックスティーン: 1

 

「さよならシリアルキラー」、今2巻まで発売中。3巻待ち。
2巻の最後が全然事件が完結してなくて3巻に続く、でおしまいで超絶気になってる。

「ほたるの群れ」。4巻まで読了。5巻が出るのか謎。
5巻は実は公式サイトからPDF版を入手はしてるんだけど積んでます。
やはり電書で読みたいんだけど、続きは電書でもう出ないのかな……。
シリーズ物で続きが出るかどうかわからないのはもやもやしますです。

ほたるの群れ1  第一話 集 (幻冬舎文庫)

ほたるの群れ1 第一話 集 (幻冬舎文庫)

 

 

そんな感じで、次は「ルミッキ」の2巻読もうと思います。

ルミッキ2 雪のように白く

ルミッキ2 雪のように白く