読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

映画「名探偵コナン 純黒の悪夢」観てきた

今年も公開初日にコナン映画観てきました!

 映画20周年記念作品。

公開初日でレイトショーで見たんですがほぼ満席でした!
グッズも大行列で、プログラムとポスターとトランプを買うのに15分並びました。

そんなわけで、感想をだーっと。

(※以下、盛大にネタバレ含みます)

 

 

 

 

 

 


・ものすごいカーレースで幕開け。
・首都高が大変なことに。
・車はみんなクラシックカーなんですかね(車種がわからん)。
・べっこべこになった車から無傷で出てくる巻き込まれた一般の方々。
・そういえば安室さんのスーツ姿イイネ!
・そしてオープニングへ。いつものあらすじ紹介がなんか映像むっちゃ凝ってた。
 20周年の気合いを感じた。イエローテープとマンガテイストでかっけぇ!
・本編へ。コナンくんのネクタイスーツがなんかオシャレ。
・東都水族館。鈴木財閥じゃないのかと思ったら、あとからやはり出資してることがわかる。
・全編通してコナンと光彦くんが高木刑事をいいように使ってる件。
・二重になってる観覧車って面白いんだけど実在するのかな。
・元太のピンチにものすごい身体能力を発揮するキュラソーさんがすごかった。
・ここまで超人じみたアクション見せてくれると楽しい。
・あと声優やってた天海さんがすばらしかった。
・そういえば、元太くんのピンチは結構ガチで命の危機だったけど、子供たちがこういうピンチになるの珍しい。
・組織の情報をメモした光彦くんの身が心配になったけどそっちは何もなかった。
ベルモット、意外と変装しないんだなと思った。あと意外と優しい。
・FBIの皆様も登場。あんまり本編で活躍しないんだけど私はジョディ先生が好きだ。
・バーボンとキールの拷問シーン。この二人が揃うのは貴重ではないかと思った。
キールは色っぽっすね。
・そういえば小五郎のおちゃんがまったく活躍しなかった件。
・そして夜の観覧車へ。蘭ちゃんもようやく積極的に登場。
・蘭ちゃんピンチフラグかと思いきや、ピンチにはなったけどコナンが直接的に助けるパターンじゃなかった。
・観覧車の上で肉弾戦を繰り広げる安室さんと赤井さん。っていうかあの場面でケンカはいかんよ!肉弾戦シーン自体はサービスカットだったけど!
・コナンに仲裁される大人の喧嘩。
・爆弾解体で松田刑事ぃぃぃぃぃ!
・黒いヘリで登場するジンご一行。まさかの観覧車UFOキャッチャー!!!
・コナンの存在には疑問を持たれず捨てられるゴンドラ。
・ってかコナンよく生きてたなってシーン多かった。
・狙撃手のとき以来の大々的な狙撃。組織の熱センサーすげーな!髪の毛の影までくっきりだよ!
・安室さんと赤井さんコナンの合わせ技で反撃!
・そしてコナンのサッカーボールはもはや火薬入りがデフォな件。
・ヘリを狙撃されて黒の組織ピンチかと思いきや、キレたジンが再銃撃で観覧車の車軸を吹っ飛ばして観覧車ゴロゴロ。
・サスペンダーとベルトで止めようとするコナンに手を貸す安室さんと赤井さん。
・改めて阿笠博士の科学力すげぇぇぇ!ってなった。
キュラソーの最後はちょっと涙。
・蘭ちゃんもおまけ程度にピンチに陥るも、一貫してモブの一人だった。
・やっぱり主役は元太くんだった。


以下、全体的な感想。

アクションシーンはかなりすごかった気がする。
15周年記念作でダム決壊したときと並ぶアクションシーンだった気も。
逆にミステリー要素的なのはあんまりなかった。まぁ黒の組織編だし……。

20周年記念作だったけど、あんまりオールスターじゃなかった。
むしろ主役は元太くんだった。ここにきてお前が主役を持っていくのかと思った。

蘭ちゃんとのラブシーンがなかった。びっくりするくらいラブ要素のない展開だった。
蘭ちゃんの「新一ぃぃぃぃ」が聞けなかったのは少々心残り。
むしろ元太くんとキュラソーの(ry
哀ちゃんとコナンのやり取りは悪くなかった。

安室さんと赤井さんのサービスカットが多かった。
大人の男たち+コナンという感じ。

 

そんな感じで、総じてハードボイルドコナンでした。
ブコメ要素がもう少しある方が好きですが、
まぁこれはこれでコナン映画の平常運転という気もする。
来年は西の高校生探偵が出てくるっぽいですね!
今年の分まで和葉ちゃんとイチャついてほしい。