読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

食あたりになった話

一昨日、無事に帰国しましたとブログに書きましたが、

mfineocean.hatenadiary.jp

昨日はブログを書く元気もなくなるくらい無事じゃなくなりました。
まさかの食あたり
ケガはしなかったのにこのザマです。台湾旅行、無事にすまないの法則……。

 

帰国したのが日曜日の昼間、昼過ぎには自宅に帰宅。
その日寝るまでは元気だったのですが、悲劇は深夜に発生。
急な気持ち悪さで目が覚め、こらえきれずトイレに駆け込んで嘔吐。
その後は吐き気もろもろと戦い、トイレの前を離れられず廊下で夜を明かしました。
翌朝、自宅から徒歩30秒の内科に駆け込んで薬をもらって点滴打ってもらって、
月曜日は一日寝込む羽目に。薬飲んで寝てれば1~2日で回復すると言われて帰宅。
こんなに何もできなかった一日は久々です。

でもって今朝。一日寝込んで胃腸の方はかなりよくなったものの、
今度は一日寝てたせいでものすごい腰痛になり、まともに立てなくなりました。
ちょっとビビりました。こんなに腰痛ヒドくなったの初めて。
というわけで自宅から同じく徒歩30秒の鍼灸院へ這々の体でGo。
(徒歩30秒圏内に都合よく内科や鍼灸院がある立地に感謝した)
マッサージと初めての鍼治療で一気に回復。鍼すごいな!

昼前には月曜日に休んでしまった仕事へ向かい働いてきました。
以前受講した校正講座で、60%のコンディションでも最低限の校正ができるような
力を付けておくことが大事、といったような話を聞いたのですが噛みしめました。
機械的にチェックできる作業と頭使う作業の切り分け大事だなーと実感。
夕飯はわりと普通に食べられて現在に至る感じ。

というわけで食あたりから回復までの顛末でした。
ちなみに、何に当たったかというと、心当たりがないわけでもない。
台湾最終日、屋台で食べたカキ。

f:id:harumima:20160531204144j:plain

いやでも、海外の屋台で生ガキ食べるほどバカではないのですよ。
一応、火が通ったものを注文したのですよ。
でも100%断定できないですが、火が通りきってなかった可能性が一番高いのはこれ。
ほかに食べたのはネギのお焼きとか焼きエビだったので……。
ちなみにこれ、10個で100元、日本円換算380円くらいです。安いしおいしかったよ!

まぁでも、寝込んだの1日だけだったのでまだよかったですかね。
何年か前、会社員時代に会社の同僚と行った飲み屋で出てきた焼き鳥が生焼け
だったらしく、そのテーブルにいたメンバーが全滅したことがあります。
そのときは1日空けてから40度近い高熱が出て、
その後1ヶ月くらい胃腸が死にました。あれに比べればなんと軽いことか。

とはいえ、食あたりしないに越したことはないですね。
体調崩すと言えば、旅行間際まで長引いていた気管支炎は
台湾行ってる間にすっかりよくなったのでそれはよかったですかねー。

というわけで、帰国後に食あたりで寝込んだ話でした。
気がつきゃ5月も終わりですねー。6月よこんにちは!