読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

初めての乙女ゲーム④ ~1ヶ月プレイしてみた

先月からやっている乙女ゲーム日記です。

mfineocean.hatenadiary.jp

mfineocean.hatenadiary.jp

mfineocean.hatenadiary.jp

なんだかんだでやり始めてから一ヶ月が経過。

 

現在の状況はというと、

  • 一周クリアしてENDに到達
  • 同じお相手のまま二周目に突入(別ルートENDのため)
  • 毎日プレイしてる
  • 課金してしまった

……。ミイラ取りがミイラになった気分です。
イケメンの研究をするつもりが、まんまとイケメンに釣られてしまったという……。
秘密のストーリーを読むには課金するしかなかったんや……。

結果的に予想外にツボってしまったわけですが、
乙女ゲームにハマれなかったという友人と話した結果、
二次元男子に対する萌え耐性がそこを左右するんだろうなと思いました。

ハマれなかった友人は二次元男子には興味がない(=現実じゃないから)んですが、
私の方はというと、中学時代からかれこれ20年、
イケメンは二次元に限る(=現実にいないからイイ)、
を信条に生きてきてるわけですよ。そりゃハマるわ。

課金までしてしまったわけですが、推しメンは一人なので、
そこにしか課金してません、と一応断っておきます。
やり始めた直後はチュートリアルでイケメンゲシュタルト崩壊したわけですが、
なるほどなー、推しメンができてしまった時点でこちらの負けなのか……。

ちなみに現在こちらのマンガを読んでるんですが、

このマンガ、色んなカップルが出てきて、
それぞれの話が同時に進行する群像劇なのですね。
結構それぞれのカップルの状況が違うので、当然気に喰わないキャラとか、
逆に応援したくなるキャラとかもいて、
自然と自分の推しカップルの話を楽しみに追っていくような読み方になりました。
乙女ゲームと同じ構造だな!(勝手な解釈)
でもこういう構造だとある意味潰しがきくのでいいなぁとも思いました。
読者に主人公が嫌われても、ほかのキャラで引っぱってける的な。

そんなわけで二周目に突入した乙女ゲームでした。
もはや当初の目的(イケメンの研究)が忘れられかけてますが、
ハマりすぎないようにがんばります、ハイ。