読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

2段組

読書

久しぶりに2段組の小説を読みました。ノベルス系の判型。

2段組って読みにくいイメージがあったので、
ちょっと読み始めるまで抵抗感あったんですが意外と読めました。

なんていうか、同じ2段組でも単行本とかハードカバーだとやはり読みにくいし
分厚い・改行多いってなる気がするんですが、
ノベルス系の縦長の判型だと意外と気にならないというか、
まだ読める気がしました。この差はなんなんだろう。
まぁ軽めの作品だったっていうのもあるし、あくまで個人の感想ですが。

 

最近は電書で本を読む機会が圧倒的に増えてきたので、
2段組にお目にかかることってあんまりなかったんですよね。
そもそも興味持っても、本屋で手に取る→分厚い&2段組でうわーって思う
→同タイトルを発見できれば電書で購入、って流れになってます自分。

電書で2段組表示をサポートしたりすることあるんだろうか。
(まぁどう考えても必要性ないけど)

2段組の本で読んだ記憶があるのって、結構前だけど記憶ある限りだと
悪の教典」と「バトルロワイアル」くらいかなぁ。

電書に慣れてくると片手で本を手に持つのしんどい、
端末はテーブルに置いて片手の指1本でページめくりたい、
とかそういうことになってくるので、
自分の読書スタイル(文字どおり姿勢的な意味で)も
どんどん変わってるんだろうなぁ。