読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

コナン展に行ってきました

ちょっと前から行く行くと言っていた、

名探偵コナン連載20周年記念「コナン展」に昨日行ってきました。

ヒャッハー!

conan_ten.jpg

以後、感想をば。

(注※ネタバレあり)

・休日は最大7時間待ちとの情報もありビビリまくっていたのですが、

 意外と会場外の列は短く20分も待たずに入れました。

・待っている間にコナン新聞みたいのをもらう。

 赤レンガ倉庫で発生した殺人事件の一報みたいの。

 むっちゃ字が多いw

・当日券売り場もガラガラだった。

・中に入ってからも、そんなに並ばず探偵手帳引き換え場所へ。

探偵手帳はコナン・新一・平次・キッドの4種類で選べます。

 (探偵じゃないのがまじってるけどそこは気にしない)

・と思ったら甘かった。そこからが長い。

・色んな漫画家さんからのお祝いメッセージコーナーに到着するまで、

 ずらずらずらっと外に出て20分くらい並ぶ。

・メッセージコーナーは今のサンデーの連載陣の作家さんの名前がたくさんあって

 面白かったですね。

・で、お祝いコーナーをすぎたあとも並ぶ並ぶ。

・撮影コーナーなどを通過し、いざ展示コーナーに到着するまでで30分はあったかと。

・で、コナン展、原画やキャラ紹介のパネルなどももちろんあるんですが、

 メインは謎ときでした。

・会場内にある暗号を解いて、最初にもらった探偵手帳に書き込んでいくんですね。

・ちなみに、問題は手帳の種類によって異なります。

・この暗号、簡単なものもあるんですが、そこそこ難しい。

・コナンくんと同じ小学一年生じゃ解けないのあるんじゃなかろーか。

・ちなみに、暗号が解けない場合は、近くにいる係りの人に声をかけると

 ヒントがもらえます(私も一度ヒントもらいました)。

・というわけで、人でごった返した会場内は暗号で悩む人だらけでした。

・みんな結構ガチで暗号といてて、むしろ展示は見ているのかという感じだった。

・原画綺麗でしたよ。カラーの奴とか色綺麗。

・個人的にはラブコメコーナーがよかったです。

探偵手帳に暗号を書いていくと、赤レンガ倉庫殺人事件の犯人の名前がわかります。

・回答を記入して報告書コーナーへ。→ミッションクリア。

・最後は物販コーナー。

・ここでも待ちが発生するとネット上では聞いていたのですが。

60分待ちでした。

・ちなみに並んでいたら「90分待ちです!」と後ろの方でアナウンスしてました。

・友人と喋りつつカタログなど見つつレジを待つ。

・と、あと少しでレジというところで悲報

・買おうと思っていた「コナン展に行ってきましたクッキー」が売り切れに。

・13時頃ですね。早すぎだよ尽きるの!

・ちなみにほかにも「キッドマグ」「コナンマグ」「コナンガチャ」など

 その時点で結構本日分売り切れになってました。

・というわけで、やっとこさレジへ。

・クッキーがないのは仕方ない。

・当たりをつけていたクリアファイルと、原作クジを3回ひく。

・C賞・D賞が欲しかったんですよ。

・まぁでも3回やれば何かはダブらないと思ったんですよ。

全部同じF賞クリアマーカー(赤)だったorz

・運は私に味方してくれませんでした。

・というわけで戦利品。

conanten_senrihin.jpg

・右側の二枚あるのがクリアマーカー(赤)です。

・一つは保存用、一つは使うとしても、もう一枚は余計なので

 一緒に来てくれた友人に差し上げました。

・左上が探偵手帳(キッド)、左下がクリアファイルです。

そんなこんなで、コナン展感想でした。

なんですかね。

やっぱ人多いよ。

ってのと、

謎ときがガチだよ。

問題の周りに人が集まっちゃってて、

ゆっくり原画とか見られなかったのが少し残念。

なんだろうなぁ、個人的にはウォークスルー型の、

普通の展示でもよかったんでは、という気もしないでもない。

趣向を凝らしたかったのかなぁ。

人の動きがすごくランダムになるので、

展示を順番に見るのが難しかったです。

探偵事務所再現とか混沌とし過ぎててほとんど見れた気がしない。

とはいえ、展示してあるもの自体はファンなら嬉しいものばかりです。

個人的には、青山先生の仕事場再現!とかそういうのも見たかったなー。

なんにせよ、20年もこんなに人を集め続けられるコナンはすごいなーと

改めて思ったのでした。

ちなみに、そのあとはお昼を食べて中華街に行ったりしました。

食べ歩き少々、足つぼマッサージ初体験など。

一日よく遊んだって感じでした。

というわけで、最後についてきてくれた友人にここで感謝を述べておきます。

朝早くからありがとうございました!