読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」感想(ネタバレあり)

本日、ライブ「椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015」に
参戦してきました!
いやー、八王子遠かった。というかこれも帰りの電車内で書いてますが。
興奮冷めやらぬうちに感想書いておきます。


※以降、盛大にネタバレあり。











〈物販〉
13:30開始で11:30くらいから並びました。
その時点で100人くらいいたかな?
列が動き始めたら30分くらいで買えました。
ラマシャツを最後まで買おうか迷ってたけど、現物見てやめました。
本番で浮雲さん始め男性陣がきてたけど、背の高い男性じゃないと
着こなすの難しそうでした。遠目に見ると特攻服とかパジャマっぽい。
羽織と合わせると見栄え良いみたいでしたが、羽織も4万…。

ちなみに終演後に物販チラ見したらラマシャツは残ってて、
羽織は売り切れてました。御朱印帳と物入れ買えたから満足。

〈衣装〉
今回二階席のわりと前の方という席で、衣装はそこそこ見えました。
最初の着物もいろいろ素敵だったし、林檎さんが脱ぐわ脱ぐわで
いろんな衣装が見られて良かったんですが。
まさかのナース服に悲鳴をあげました。あちこちからあがる黄色い歓声。
「本能」は歌いませんでしたが、「熱愛発覚中」超絶可愛かった。
あんなかわいくてエロいアラフォーが存在する奇跡を目の当たりにした。

〈選曲〉
去年までのライブを否定するわけじゃないですが、
選曲がものっすごく良かった。個人的に刺さる曲が多すぎて涙腺決壊。
前半は玄人向けの曲が多いかなーと思いきや、
中盤、まさかの「迷彩」ときて「罪と罰」ですよ。
迷彩ですでにうるっときてた私は罪と罰で号泣。
(ライブでの罪と罰の涙腺決壊率100%に近い人)
そして「Σ」なんて懐かしい曲までやってくれちゃって!
と思っていたら油断した、「真夜中は純潔」。二度目の号泣タイム突入。
真夜中は純潔はほんとうにやられたって感じで終始ハンカチ持ってた。
罪と罰」や「真夜中は純潔」あたりって、高校~大学時代に
すごくよく聞いてた曲なわけですよ。曲自体もいいんだけど、
伴って呼び起こされるノスタルジーが半端ないわけです。
ライブで聴けると思ってなかった「キラキラ武士」、
「ブラックアウト」など事変の名曲もあり、
妖怪大運動会の雰囲気すら漂う「御祭り騒ぎ」でまたしても涙腺。
林檎博のときの高円寺の阿波踊り隊の皆様との共演まで脳裏に蘇ります。
畳み掛けるように「長く短い祭り」「NIPPON」「群青日和」。
アンコールが「虚言症」というまたしてもノスタルジックな締めで終わりました。

事変からライブデビューした私なので、
これまでライブではあまり聞いたことがなかった曲が多くてよかったです。
往年の曲や事変の曲も多かった。
あとあいかわらず浮雲さんの厚遇ぶりが。
林檎さんの衣装替えの間は浮雲さんオンステージだった。
カウベル叩く全身ラマシリーズの浮雲さんが僧侶に見えたよ!

〈演出〉
ホールツアーだからこその演出で面白かった。
踊り子隊が映像のみっていうのが新鮮。
妖怪パレードがかわいかったしめっちゃテンション上がった。
エンドロールの鳥山明風のイラストはかわいかったけどなんだったんだろう。
鳥山明っ名前が出てこないかガン見してしまった。


〈まとめ〉
選曲素晴らしすぎて往年のファンにはたまりませんでした。
長いことファンやってて本当に良かったと思える選曲。
ライブ行くたびに「生きててよかった」と思うんですが、
今回も「生きててよかった」です。

今回チケット1回分しか取れなかったのが悲しいですが、
DVD楽しみに待ちます。

エネルギーもらったし明日から頑張ろうと思う反面、
めっちゃ風邪っぽくてダウンしそう。
最近忙しかったからなぁ…。