原点回帰―Running possible―

晴海まどかの日々精進ブログ

執筆

プロットがないと書けなくなってきた

今プロット考えてるお話が、洋書かDVDしか資料がないという状態で、中古DVDを買ってここ最近観てました。資料として観てる=ノートを取っているおかげで、30分観るのに大体1時間かかります。というわけで観終わるだけでかなり達成感。 今回は本が見つからな…

「センチメンタル☆サーティ」ができるまで ~プロットができるまで⑤

新刊「センチメンタル☆サーティ」のプロットについて、毎日連続更新してきましたがプロットの話は今日でおしまいです(多分)。 今日はプロット+αで決めておいたこととか。

「センチメンタル☆サーティ」ができるまで ~プロットができるまで④

新刊「センチメンタル☆サーティ」のプロットのお話その④です。 昨日までで、キャラ設定ができたところです。

「センチメンタル☆サーティ」ができるまで ~プロットができるまで③

新刊「センチメンタル☆サーティ」のプロットのお話その③です。昨日はキャラ設定を詳細に作った、というところまででした。

「センチメンタル☆サーティ」ができるまで ~プロットができるまで②

昨日のブログの続きです。新刊「センチメンタル☆サーティ」のプロット作り。 前回、あの出版の担当者さんとキャラクターの基本設定を決めたところまで書いたので、その続き、「プロットができるまで②」です。

「センチメンタル☆サーティ」ができるまで ~プロットができるまで①

先日予告しました、今度の新刊「センチメンタル☆サーティ」。 mfineocean.hatenadiary.jp せっかくなので、予約開始までちまちま制作プロセスでも紹介しようかと思います。今回は「プロットができるまで①」。

「クロスオーバー×モラトリアム」を公開してみた簡単な感想 #カクヨム

カクヨムのコンテストの読者選考が今日でおしまいみたいなので、せっかくなので貼っておこうかなぁと思います。 kakuyomu.jp 小説投稿サイトにはあんまり縁がなかったのですが、無料で公開してるものを読んでもらうのも、これまた難しいんだなーと思いました…

書きやすい枚数

新年度になったので、昨年度どれくらい書いたのかなーとふり返ってみたら、新規に書いたのは短編6作(即興小説除く)、中編2作、長編4作って感じでした。ほかにも過去に書いた中編と長編を大幅改稿したり。 こうやってみてみると色々書いたような気がします。

推敲の合間に寝かせたり

2015年度最終日だなーなんて思いつつ、ややのんびり気味です。 長編の推敲やってる合間の3日間で短編書きました。プロットもあって前々から書こうと思ってたものなので書けてよかったです。一時的に頭を切り換えるのに、執筆や読書はいいですね。この3日で小…

一人称口語体で書きます ~こんな風に文体決めてるという話

今日は最近何かと考えることが多い、文体の話。 私は基本的に一人称で書くのですが、文体を崩しているうちに、気がついたらここ数年は地の文がすっかり口語体になっていました。 先日のブログでもその話を書いたのですが、少し具体的に書いてみようという次…

書き始める前にどこまで決めておくか

昨日までがーっと色んなものを書いていたので気が抜けました。気が抜けたものの、書いたものは推敲しないといけないのでやることは全然終わってないのが現状ではあるのですが。今日も午後はカフェにこもってきました。進んだものもあればまだ残ってるものも…

ネタが降ってくるタイミング

お風呂に入ってるときとか散歩してるときによくネタが降ってくる、なんて話がありますが、私は圧倒的に「寝る前」と「集中力が切れたとき」が多いです。

深夜に向いてるもの

ここ最近、作業してたら気づいたら夜中になってることが多くて、遅寝遅起き気味です。気づいたら三時とか四時になってる感じ。その上、休みの日に一気に11時間とか寝てしまってまた体内時計も狂うという。朝早い仕事があるわけじゃないのでいいっちゃいいん…

自分的頻出表現

先週書き終えた長編の見直し3周目が終わったところです。自分の赤字を反映するだけで三時間かかってしまった。読んでて気づいた足りない情報とか、そういうのを補足して修正して、また印刷して読み直しって感じですかね。なんだか疲れがたまってたのか、一昨…

人に話を聞いたり資料集めたり

昨日脱稿したって言ってた小説とは別の小説ですが、取材という感じで、学生時代の友人らに話をたくさん聞いてます。ここ2年くらい、紙の本で資料を集めることはよくやってたんですが、人に話を聞いてそれをまとめるっていうの、何気に初めてやりました。

ファイルの分割

約一週間半書いてた長編、ようやくひとまとまりになって、明日からは推敲の日々だなぁとしみじみしたりしてるところです。ちょっと気抜けしました。なんかこの1週間、変にメンタル昂ぶってた気がします。 私は章立てのある作品の場合、 章ごとにファイルを作…

すべて芸の肥やし

先週から書いていた長編、全然終わった感はないけどとりあえず最後のシーンまで到達。説明不足なところとかもろもろ調整しないとですが、まずはいつものペースだった自分にホッとしたりなど。 そういえば。

プロットの話とか季節の話とか

10月末からやっていた校正の仕事が本日無事に校了してひと安心でした。年末年始忙しかったのからようやく少しは余裕が持てそうです。引き続きの校正の仕事はあるはあるのでそれもこなしつつ、2月は執筆メインでやりたいところです。2月中に執筆1.5作+プロッ…

書き始めた

本当は今日のうちに鼻炎の薬をもらいにいって、コンタクトの処方箋をもらうために眼下にも行くつもりだったんですが、調べたらどちらも休診。というわけで予定を繰り上げて今日から長編を書き始めました(病院は明日行く)。 とはいえ仕事も残ってたりほかに…

現地に行ってみる

ここ数日鼻炎が続いててあかん感じです、こんばんは。気がつけば1月も残り10日ですか。 あさってから取材のためと称して温泉に行く予定です。パソコン持ってくので、温泉宿で夜中にカタカタやりますが、とりあえず温泉です。

自分ぽさ

昨日十千さんが呟いていたのであえて(勝手に)貼ってみましょう。 そういえば、犬子さんの新刊は犬子さんらしいと思いましたが、晴海さんの新刊は晴海さんらしくなかったなってちょっと思いました。らしくないと言うと悪いと言っている風に聞こえるかもしれ…

資料探し

三連休はなんだか寝てばかりだったような気がします、こんばんは。昨日一昨日は用があったり出かけたりしてたので、今日の午後は集中して原稿の推敲してました。なんか楽しかったです。

新刊「一小路真実は興味がない」:文体の話 #群雛文庫

文体とか作風の話を考えていたので、昨日発売の「一小路真実は興味がない」の話に絡めて。

2015年の執筆をふり返る

2015年ふり返りシリーズまだまだ続きます。 今年どれくらい小説を書いたりなんやりしてたかをふり返ってみたいと思います。まぁ自分の備忘録です。

新刊『ギソウクラブ』:校正観点で自分の原稿を読む話

今日も引き続き推敲&校正っぽい話してみます。 恒例ですが試し読みはこちら↓ 『ギソウクラブ』 晴海まどか著 ストアへのリンクはこちら↓BOOK☆WALKER、Reader Store、ブックパスでも配信になりました! gisoclub.tumblr.com

新刊『ギソウクラブ』:推敲時に原稿を寝かせる話

今日は何かと話題の校正とか推敲っぽい話。 というわけで恒例、試し読みはここでどうぞ↓ 『ギソウクラブ』 晴海まどか著 ストアへのリンクはこちら↓ gisoclub.tumblr.com

新刊『ギソウクラブ』:小説を書くときのイメージの仕方

今日は小説を書くときのイメージの仕方の話を『ギソウクラブ』に絡めて。 試し読みはここでどうぞ↓ 『ギソウクラブ』 晴海まどか著 ストアへのリンクはこちら↓ gisoclub.tumblr.com

付箋を活用する話とか単語帳を使ってた話

読書週間なので本を読もうと思いつつ、ここ2日くらいはあんまり読めてません、こんばんは。 昨日今日と、ひたすら付箋を使ってネタを書き出す作業をしていました。 ポスト・イット ノート 超徳用 75x75mm 450枚 パステル CP-33SE 出版社/メーカー: 3M(スリー…

新刊「悪意の日記」:文体の切り替えの話

なんとなく文体の話。 作品書くとき、作風によって文体のスイッチが切り替わります。 A:ライトなもの(よもクラとかRGBとか石神くんとか)の場合は、心内描写減らして台詞多め、使う単語も難易度低め。 B:逆に今回の新刊とか自分的にライトじゃないものの…

久々に執筆の話でも

すっかり旅ブログ、もしくはムーミンブログと化している私のブログですが、 自分は何者なんだという感じがしてきたので、 久々に執筆の話とか近況的な話でも書こうかと思います。

ネタ考え中

今日は夜に知人の演奏会を見に行ったんですが、 それまでの数時間はモスバーガーにこもって 原稿直したりネタ考えてたりしました。 書いてみたいものっていうのはたくさんあるんですが、 それが面白いかどうかとかウケるかどうかはきっとまた別で、 こういう…

手を動かしたりプロット作ったり

ここ数日、いまいち体調がよくなかったりして 悶々としていたんですが、今日はずっと手を動かしてました。 現在長編のプロットのストックがなくなっていて、 来月フィンランド行って帰ってきてから何書こうと思ってたんですが、 落書きするように紙に書き出…

テキストエディタは秀丸使ってます

テキストエディタは、秀丸を使っています。 会社員時代の名残でなんとなく好きなので使ってます。 小説書くときは基本的にWordだし、まぁそこまで役立ったなぁと 小説書いてて思ったことはこれまでなかったんですが、 今やっている仕事でなかなか使えること…

作業計画立てたりこれまでの記録見返したり

7月中にやらないといけなかったことが色々終わったので、 8~10月に向けての作業計画を昨晩ざっくり立てたりしました。 7月中にやろうかなと思ってたことはまだ終わってないのもあるんで あれなんですが、まぁとりあえず。 メモ帳に手書きレベルでおおよその…

ピュアなお話が書きたくなった

今推敲したり書いたりしてるんですが、 なんかドロドロしい話ばっかり書いてたんですね。 三角関係とか、刺されたりとか、病んでたりとかなんかそういうの。 で、ここ数日、「俺物語!!」という少女漫画読み始めたんですよ。

作品完成時のテンション

今推敲やってるんですが、 作品完成時のテンションって、大体次のパターンに分かれます。 ①初稿完成時に「これすごく面白くね?」って思うんだけど、 推敲すればするほど段々と面白いかわからなくなってきて もう直せない!って思って完成にするんだけどちょ…

し/ひ/す っちゃかめっちゃか

昨日のブログで書こうと書いたので、午後から書き始めました。 楽しいっす。今40枚弱くらいです。 ただ書き始めた話、前半で主人公がケガして嘔吐しまくってるので、 ちょっと気持ち悪くなったりもしました。 急性胃腸炎になってマーライオンと化したときの…

ライティング・ホリック

普段から執筆枚数をExcelにメモしてます。 で、今日その作業表見てみて気付いた。 今月、38枚しか書いてない。 別にサボってたとかじゃなく、推敲とか修正とか校正とか、 そっちメインで日々何かやってたってことではあるんですけども。 書いてない期間が続…

大人女子湯けむり合宿:3日目(最終日)

先週金曜日からやっていた合宿、 昨日の最終日のまとめです。

大人女子湯けむり合宿:1日目

昨日から千葉県某所で合宿中です。 一日目はこんな感じでした。

大人女子湯けむり合宿:本日スタート☆

昨日まで色んなところで温泉温泉と騒いでおりましたが、これです。 本日から、「大人女子湯けむり合宿」がスタートしました!ウェーイ! なんのこっちゃという感じですが、 月1以上のペースで会ってるという仲良しの作家の舟崎泉美さんと、 個人出版の表紙で…

3時間で9,000字書く

今日ファミレスに3時間こもってたんですが、 いつもにも増してすごく書けたんですよ。 9,100文字強。1時間で大体3,000文字。 即興小説だとそれくらい書けることもあるんですが、 大体通常のスピードだと1時間1,500文字くらいなんですね。 たくさん書けてテン…

最近、書いてても校正してても、 何かと迷いがちな漢字が「何」です。 「なに」と読ませたいときは漢字「何」、 「なん」と読ませたいときは開いて「なん」、 が自分的基本方針ではあるんですが、 これだけだと明確にわけられないんですよね。

モノローグ

STORIEで公開中の「白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件」、 第6話更新しました。あと1話です。 https://storie.jp/user/works/view/7452 フキダシ小説をやってたらセリフ回しについて 少し考え方変わったんですが、 最近シナリオの勉強もしてて、地の文…

執筆ツール

今日も出先でブログ書いてます。 家を出る前に書くのを忘れたからなのですが、 まぁ書く習慣というわけで一応毎日更新していきます。 というわけでこの文章はタブレットで書いてます。

推敲中

がーっと書いてがーっと3周くらい推敲して修正したので若干小休止です。 原稿用紙換算230枚くらいなんですが、 大体1周推敲するのに4時間強って感じですね。

姓名判断

キャラクターの名前を考えていたら、 ネットで姓名判断の無料診断サイトを見つけまして、 ポチポチやってみました。

最後まで書いた

ちょっと前にプロット終わったと言っていたヤツが、 さっき最後まで書き終えました。 勢いで書き抜いているので表記揺れとか書き込み不足の 部分がたくさんあるのでこれからいっぱい手を入れて推敲しますが、 ほんとにほんとの初稿はこれでひととおりエンド。…

セリフ小説、セリフを考え直すのによさげ

ちょっと前にブログにも書いたSTORIEで、 第2話まで公開しました。 白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件 https://storie.jp/user/works/view/7452 だいぶ操作に慣れてきたので、 遊び感覚で視覚効果などを入れられるようになってきましたw

たまには三人称で書きたい気もする

基本的に小説書くときは一人称が多いです。 個人出版で出してる本だと、「戦う僕らのRGB」だけが三人称ですね。 これは下巻の方で視点の切り替えがあるので、 やむなく三人称を選択したという経緯があります。 とはいえ、これも三人称単一視点なので神視点じ…